oseti5

おせち料理の中には祝い肴と口取りと呼ばれる種類の料理が入っているお重があります。

昔から作られてきたおせち料理なのですが5段重に詰められているのが本来の形だそうです。

今は2段や3段のものも販売されるようになりましたが昔の人は5段重に手作りのおせち料理を詰めていたようです。

1の重に入っているのが祝い肴と口取りです。
この名前が料理名ではありません。

祝い肴と口取りの料理とは

祝い肴と口取りの料理を少しご紹介させていただきたいと思います。

祝い肴と呼ばれる料理は、数の子・田作り・黒豆・たたきごぼうなどのことです。

数の子は子孫繁栄のために良いと言われているので子供を授かりたいと思っている人が食べると良いと言われています。

そして田作りは田を作るという漢字が用いられていることから田んぼで作られているものが豊作になるようにという願いが込められているようです。

そして黒豆には無病息災の願いが込められていると言われており、豆に働くことが出来るようにという意味があるそうです。

最後にごぼうについてなのですが、販売されている牛蒡を見るとわかると思うのですがとても長く伸びていますよね。

ごぼうは土の中で育つのですが家の土地に根を張るというような意味があり、その土地で安泰に暮らせるようにという意味がこめられています。

そして次に口取りについてなのですが、口取りにもたくさんの種類の料理があります。

魔よけの赤と神聖な白とは

魔よけの赤と神聖な白を重ねた紅白かまぼこや華やかという言葉を意味する伊達を使った伊達巻、金運を運ぶと言われている栗きんとんが入っています。

それぞれが縁起の良い食べ物になっていますので意味を理解しながら味わってみるといいですね。