おせち料理の3の重には煮物を入れる重になっています。

おせち料理の煮物の意味は子孫繁栄

おせち料理で作られている煮物にはたくさんの種類があります。まずは「昆布巻き」です。

昆布巻きは養老昆布という言葉、つまりはよろこぶというような意味でとらえることができ長寿を願う食べ物なのです。

他にも子が生まれるという文字「子生」でコブという当て字もあり子孫繁栄の意味もこめられているようです。

次に「煮しめ」と呼ばれる料理ですが、こちらの料理には家族が仲良くいることが意味されています。

煮しめの中に入っている具材にも意味が込められているようなのですが、地域によっても違うといわれているようです。

次が「陣笠椎茸」と呼ばれる椎茸なのですが、元気になるという意味のある食べ物になります。「盾豆腐」と呼ばれる豆腐も煮物の一種です。

高野豆腐を使用しているこの料理なのですが、焼き目を付けることにより豆腐が盾のようにみえ、家を守るという意味がある食べ物なのです。

そしてもう一つが「たけのこの煮物」です。

たけのこにはいろいろな意味がこめられており、子供は大きくすくすく育ってくれるようにという意味、大人は天に向かって育っていくたけのこのように出世ができるようにという意味が込められているようです。

たけのこのように上向きに伸びていくことを意味しているといわれています。煮物料理はたくさんあります。

地域によっても作られているものが違うといわれていますので、自分の実家や嫁ぎ先の実家のおせち料理をみてどんな意味があるのかを知ることもいいかもしれませんね。