お正月がくると大晦日までにおせち料理を作るといわれています。

今はスーパーや百貨店などでもおせち料理を販売していますしインターネットで注文をすることにより家に届けてもらうことが出来るおせち料理もあるようです。

そんなおせち料理の中にはたくさん縁起物が入っているといわれています。

作られている食べ物一つ一つに意味が込められており、それは全て向上心を高めるような縁起の良い食べ物ばかりだといわれています。

お正月はその年の始まりでもありますので、健康を願い成長を願ったりするものです。

初詣に出かける時は毎年必ず家族が健康に幸せに過ごせるようにと願いを込めてお参りするように心がけています。

そんな1年の始まりは縁起物を食べることによりスタートを切ることにより1年がいい年になるようにという意味が込められているのでおせち料理がおめでたいといわれるのです。

昔の人が作っていたおせち料理と比べてみると今のおせち料理はとても豪華なものが増えてきているようですが、増えてきている料理にもおめでたい理由が込められているといわれています。

鯛が丸ごと一匹入っているおせち料理もあるようで、家族みんなでめでタイという気持ちを持ちながら食べるといい1年になるというような意味が込められているようです。

毎年楽しみにしている人も多くいると思います。

来年も再来年も縁起良い食べ物を食べて1年をスタートできるといいですね。