年末の大みそかにおせち料理を作っていて忙しい思いをしているお母さんもいると思います。

子供が成長して家を旅立っていくことによりこういった何かの行事がなければ帰ってきてくれないので張り切って作っているというお母さんもいることでしょう。

反対に家族が多くて作るのが大変なのでおせち料理を購入する人もいると思います。

購入する場合でも家に届けてもらう日にちを指定するのは大晦日だと思います。

では大晦日の日に用意しておかなければいけないということは、おせち料理は年を越す時に食べるということになるのでしょうか?おせち料理はいつ食べればよいのでしょうか?

基本的には年越しをする時は年越しそばを食べる習慣があるところが多いようです。

しかし、地域によってはそばを食べないで大晦日からおせち料理を食べている風習があるところもあるようです。

地域によっても違うといわれているのでいつ食べるのが正解かはわかりませんが、私が済んでいる地域では元旦に食べることが風習のようです。

年越しを神社でして帰ってきてから食べるということもありましたが、近年は子供が小さい為、朝起きてお昼ぐらいにみんなでおせち料理を食べるというようになりました。

おせち料理は元旦に食べる料理だというイメージですが保存がきく料理ばかりですので2日も3日も食べるという家庭もあると思います。

お正月に食べると縁起が良いといわれているものですので世間一般でいうお正月に食べるようにしましょう。