おせち料理を食べるのには理由があるといわれています。

作っている料理一つ一つにも意味が込められているといわれているのですが、その料理のどれもが保存がきく食品ばかりだということもおせち料理を食べる理由につながっているといわれているのです。

おせち料理はなぜ食べるの?

おせち料理はそもそも、縁起の良い食べ物ばかりが詰められているものになります。
1年を縁起欲迎えるという意味もあるのです。

一つ一つに込められている縁起の良い意味を理解しながら食べ勧めることにより縁起の良いことが起こるようにという祈りを込めることが出来るのです。そして保存がきく料理ばかりだということにも意味があります。

おせち料理を食べる理由は?

お正月に玄関に飾る門松には神様を迎える目印になるようにという意味が込められています。

 

つまりは、お正月に神様をお迎えするということなのです。神様をお迎えするお正月にバタバタを動いていたり料理をたくさん作っていることがよくないということからおせち料理は保存がきく食品が詰められているのです。

 

小さなころからお正月にはおせち料理があり、それを食べるのがあたり前だったのですがこんなにも奥が深く、いろいろなことが考えられていることは知りませんでした。

 

おせち料理を食べることにより毎日を健康にすごせているのかもしれません。

 

お正月は親せきが集まったりワイワイ過ごすこともあると思います。
おせち料理をたくさんの人と囲んで食べるというのもとても楽しいものです。

 

理由を知り食べるおせち料理はひと味違うかもしれません。
おせち料理の意味を思い出しながら食べてみるといいですね。