おせち料理は全国各地同じものが用意されているというわけではありません。

実は地域によっては入っているものが違ったりすることもありますので嫁いだ先のおせち料理が家のおせち料理とは全然違うということもあるといわれています。

おせち料理地方により違いが

北海道では「氷頭なます」とよばれる鮭の頭を甘酢で味付けをしたものが出ることがあるようです。
北陸地方の石川県ではべろべろ(えびす)があります。
近畿地方の滋賀県では「フナずし」があります。
このように地域によっては用意される食べ物が違うといわれているのです。

 

石川県金沢の郷土料理「べろべろ(えびす)」

北陸地方の石川県金沢では「べろべろ」とよばれる溶き卵の寒天寄せという食べ物があります。

 

名前だけではどのような料理かわかりませんし、どんな味がするのか全く想像もつかないと思います。
普通に出し汁にさとうお醤油としょうがの絞り汁と入れて煮立てて、戻してあった寒天を入れて溶かします。

沸騰したら別の容器に用意してあった溶き卵を流し入れます。
浅い容器に入れて冷やして固めます。
固まったらお好きな大きさに切って召し上がれ。

 

この「べろべろ(えびす)」と呼ばれるおせち料理は石川県の人がよく食べているものだそうです。
冬の間は普通にスーパーでお惣菜としても売られています。
気軽に食卓の一品として買い求めるお客様が多いのです。

 

滋賀県の「鮒寿司(ふなずし)」

近畿地方では「フナずし」と呼ばれる滋賀の料理があるのですが、塩漬けしたフナにご飯を入れて発行させる料理だといわれています。

私は京都に住んでいるのでフナずしを一度食べたことがあるのですが、独特なにおいが特徴のなんともいえない食べ物でした。

 

京都の「棒だらの煮物」

近畿地方の京都では「棒だらの煮物」がおせち料理に入っています。
京都に近い福井県もこの「棒だらの煮物」が必ずお正月には料理として並びます。

 

福岡県は鰤の刺し身や焼き物

九州地方では海の幸を使ったおせち料理が入っているようで福岡ではブリを使った刺身や焼き物などが入っているおせち料理があるようです。

 

長崎県はくじらがおせち料理に

長崎では今では珍しいくじらが入っているおせち料理があるようで、湯引きやなますにしておせち料理の中に入れているようです。

 

おせち料理は決まっている一つの料理をみんなが作っているわけではなく、地域によって、昔から地域に伝わる郷土料理やの特産物などを使用した料理を作っていれているんですね。

 

今はインターネットで購入することができるのでいろいろな地域のおせち料理を取り寄せることもできます。
気になる地域のものがあれば取り寄せてみるといいですね。